勘違い、習慣、妄想、これらは気づかないうちに人間の行動パターンを決定づけます。


私が長らくしていた勘違いとしては、私はずっと「クレジットカードで支払いができるものや場所はそれほど多くない」と思ってました。


実際は逆で、普段私がお金を支払う場合、クレジット払いができない店舗や商品のほうが少ないということに気づきました。


例えば、携帯電話料金なんかも意味もなく口座引き落としになってましたが、webサイトから一瞬でカード払いに変更できました。


これだけで毎月シャリンシャリンとポイントが自動的に還元されます。たった一度の設定で、カードの次の有効期限まで。


次に私が子供の頃から身につけた習慣としては、買い物をするときには現金で払うということがあります。


カードや電子マネーで支払うほうが、スムーズに支払いが終わるケースもあります。いまどき現金で払わないといけない理由なんて、あるわけありません。


最後に私が勝手に抱いていた妄想としては、「クレジットで支払うって、何かお金がない借金持ちの人みたい」というものがありました。


これはかなり馬鹿げた妄想で、店員の人は現金払いかクレジット払いかなんて少しも気にしているわけありません。事業主でもないただの店員さんには、そんなことどうでもいいことですよね。


とにかくこういう旧弊を廃して、クレジットカードを可能な限り使うべきだと私が考えるようになったのは、カード利用のメリットがポイント還元に止まらないからでもあります。


ではポイント還元以外のカード利用のメリットにはどういうことがあるのでしょうか?