投資商品の収益は投資される期間によって異なります。


国内株式の方がよいときもあれば、外国株式の方がよいときもあります。


株式の方がよいときもあれば、債券の方がよいときもあります。


よって一概にどの投資商品が優れていると断言することはできないのですが、どうもインデックスファンドの積立投資のリターンがあまりさえないような気がしています。


豪ドルのレバレッジ2倍のドルコスト平均法による積立投資に比べてですが。


検証期間が短すぎるのは分かっているのですが、積立投資というのは10年20年と長期に渡って続くものです。


路線変更するのであれば、早ければ早いほど成果の差は甚大になります。


インデックスファンドの積立投資は生命保険の代用としてやっているというのは、以前の記事で書きました。


これをさらに高金利通貨のレバレッジ2倍のドルコスト平均法による積立投資に変えてしまうことにしました。


素人的な感覚ですが、インデックスファンドのコストって意外と重いんじゃないでしょうか?


あとレバレッジ2倍の効果も地味に大きいような気がします。


確実なのは税金については高金利通貨の積立投資の方が有利です。