家訓その7 「トレードプランはシンプルであること」


いくつものテクニカル指標を組み合わせた複雑なトレードプランはその構築や検証に相当な手間と時間がかかります。


つまりプロがやるような複雑なトレードプランを使おうとするとそれだけ大きなコストがかかるようになります。


素人にはそもそもそれだけの技術がない場合がほとんどでしょう。


では、それでも素人がトレードをしようとなるとどういう戦略が考えられるでしょうか?


もっとも単純な戦略は、10pipsという月間目標pipsの低さを利用して、シンプルなトレードプランでも利益がでるような簡単な局面が到来するのをひたすら待つというものです。


ローソク足だけ見てトレードしても方向を間違わないといった単純すぎる局面がランダムに訪れるのが市場です。


プロが技術力を駆使するのなら、素人はそれに忍耐力で抵抗するしかありません。