今週は日本株の暴落があったようです。


1000円以上下落していたので、一瞬目が腐ったのかと思いましたが、これまで急激に上げすぎていた感じはありましたので、調整局面に入ったということでしょう。


私の場合、今年の1月くらいまではガツガツと株式を買っていたのですが、株価が上昇し始めたのと、手持ちの現金がスカスカになったので、そのあたりから追加購入は控えています。


というわけで、シーラカンスまではいきませんが、損益分岐点はずっと下方にあるので、


「下がってる。へえ」


ぐらいにしか思いませんでした。


昔の私の話ですが、仕事中も株価が気になってチェックしてしまうというポジションは異常です。大抵近いうちに破綻します。


実は今でも毎日株価を見てしまうのですが、本当は株価なんて週末に一度見るくらいで充分です。


もっと進んで、一ヶ月に一回しか確認しないとなるとかなり理想的です。


果ては一年に一回しか見ない、あるいは前に株価を見たのがいつか思い出せないなんて領域に踏み込むと、株式の性能を最大限に引き出しているといえます。


持ってることすら意識しなくても、自動的に膨張するというのが、株式の最大の魅力です。


結論 枕を高くして寝られないポジションは早急に見直しましょう。