21000円くらいで買えました。「うわっ、高い」と思う人ばかりでしょうが、これはあくまで趣味の世界の話ですので……。


定価は3万円以上するのですが、4割引くらいで購入できたので、送料込みでも、中国のリアル書店で購入するよりもずっと割安です。


ちなみにアマゾンチャイナの海外発送の送料は110元で、今の為替レートだと2000円しないくらいです。


本の重量や冊数に関係なく1タイトルの書籍ごとに110元かかるので、できるだけ高くてボリュームのある本を買うと、お得ということになります。(逆に安すぎる本を買うのは送料チャージばかり高くついて損とも言えます)


今回の例だと、日本にいながらにして、中国のリアル書店で買うよりも安く本が買えました。


給与、物価水準が違うので、すごく得した気分です。


中国人研修生が日本で爪に火をともすような倹約生活を送るのは、日本で稼いだ円を中国に持って帰れば、一財産になるからです。


同じように日本で稼いだお金で私が中国の商品を買うのはよい消費活動だと思います。


また、海外サイトから直接買うと、国内サイトを通じて買うよりも割安になるというのは、多分かなりある現象だと思います。


海外生産の商品をよく買う人は、ちょっと留意してみる価値があると思います。


webページ一つ違うだけで、同じものを買うのにも払う金額は全然違うというのが、ネット時代の購買現象です。