ガンホーは大底で買って、天井で売っていたら、わずか1年足らずの期間で100倍に近いリターンが得られていたという株式市場に現れた宝くじでした。


ただこれは後からみた結果であって、現実的に人間が実行できるものではありません。(宝くじ並みの確立でこれを実行できた人はいるかもしれませんが)


もっと現実的な100倍銘柄はないのか?


あります。


それはファーストリテイリング。


15年前の1998年頃に100万円投資して放置しつづけていたら、現状100倍近い株価になっていて、宝くじなんか買わなくても1億円になっています。


それはちょっと難易度が高いという場合には、ユニクロの名前が知れ渡った後で、かつ株安だった2003年に投資して10年放置していても、現状10倍近いリターンになっています。


ただ私が当時学生で中国地方に住んでいたからかもしれませんが、1998年頃既にユニクロはかなりメジャーな存在だったような気がします。


当時はユニクロの服ばっかり着ていました。


学生だったので、株を買うという発想もお金もあるわけないのですが、もしあのころ100万円分のファーストリテイリングの株を何かの間違いで買っていたら、今ワープアうんぬんと大騒ぎすることはなかったでしょう。


1億円の金融資産があったらこの運用戦略を練る方が、奴隷労働で会社から評価されようと考えたり、収入を上げたりしようとするより、金銭的なリターンは高くなる可能性が私の場合は高いです。


つまり仕事はワープアでかまわない、いやむしろワープアの方が期待リターンの大きい資産運用により多くの時間と意識を集中できて都合がいい。


会社の仕事は自分では選べませんが、株式市場で自分のお金を運用する場合には、将軍のように振舞えます。