骨董屋と古本屋のビジネスモデルの大きな違いは商品が不良在庫に変わるリスクの大きさにあると思います。


ブックオフとかではない郷土史なんかを置いている専門的な古書店が近くにありますが、やはり売れない本は定期的に古紙回収業者に処分しにいっているようです。


正直全然儲かってるようには見えません。


つまりタダ同然で仕入れてバカ高く売っても、まだ全然儲からないくらい仕入れロスが多いのが古書店の現状ではないかと思っています。


子供の頃にあったブックオフとかではない普通の古本屋の多くはいつの間にかなくなっていました。


十分な黒字を利益を確保できないビジネスは自然と消滅していくので、一見高く見える古本屋の書籍の値段も経済的合理性にあったものだと分かります。


一方、売れるかどうか分からない古本と違って、誰もが欲しがる骨董品は不良在庫となるリスクが極めて低いのではないでしょうか?


ブックオフなんかは素人でも値付けができるように出版時期が新しいか古いかだけで販売価格を決めているなんて話を聞いたことがあります。


つまり在庫の価値の劣化と駆け足で競争しながら、利益を上げているわけで、多くの小売業は同じ形態を取っていて、不良在庫の恐怖と日々戦っています。


一方、骨董屋は全く逆で、再生産されない骨董品は時間が経てば経つほど、市場からどんどん姿を消していく、時間の経過とともに価値の増大する商品です。


神保町なんかにあるさほど売り上げがあるとも思えない中国系の古書を扱っている古本屋がどうして一向につぶれないのか最近になって分かりました。