Qさんの思想は古くなりませんが、実体としての流通している書籍の方はどんどん古くなっていきます。


アマゾンマーケットプレイスやブックオフには捨て値で販売されている膨大な数のQさん本があります。


ただ古い、現代的でないというだけで見向きもしない人たちがいるからです。


これは大きなチャンスの一つです。破格値で色あせない財テクの深奥を学ぶ機会は誰にでも開かれています。


というわけで、Qさんの著作に学ぶ新カテゴリのスタートです。


既に部屋の中にはQさん本が30冊ぐらい溢れかえっています。


私の場合、高いもの、新しいものが良いものとは限らないということを学ぶのに随分時間がかかったように思います。