「君が何年も中国に行っていたことは風のうわさで聞いていたよ。だったらその経験を生かして……」


「でもでもでも、中国はバブルの真っ最中で、シャドーバンキング問題でバブルがはじけたら、いま骨董品に流れ込んでいるお金の供給もストップして、日本がバブル期に集めた西洋絵画が捨て値で海外に再流出したのと同じようなことが起こるんじゃないの?」


@(・●・)@「…………」


「…………」


「君も長いこと中国にいたわりにはベタな日本人のようなことを言うんだね。中国にちょっと旅行でしか行ったことのないボクのほうが中国に対して強気だよ」


「………」


「確かに中国の不動産価格にはバブルの兆候があるよ。ボクは中国語は分からないけど、こんな英語の動画を見つけたよ。http://p.tl/7zyE


「???」


「この動画の中で中国最大手不動産デベロッパー、万科企業の創設者で会長の王石がインタビューに答えている」


「万科企業というと日本でも億万長者をたくさん輩出した有名銘柄だね」


「そうそう。王石はリーマンショックの前夜、いち早く不動産価格の下落を予測して、在庫不動産の販売価格を下げて、危機を乗り切った」