「不動産は土地勘のあるところのものを買うのが大原則だからね。中国の不動産バブルなんて、日本やコアラ連邦国に住んでいるボクらにはあまり関係のない話だよ」


「それよりも中国株なんかは利回りからしてもまだ割安だとボクは感じるんだけど、優良企業の長期チャートを見ると、時間がいかに重要な無形資産かというのがよく分かるよ」


「???」


「まあいろいろあるけど、例えばテンセントとか恒安国際なんていった優良企業はリーマンショックで株価は一旦下がったけれど、2000年代前半の株価まで推し戻すことはただの一度もなかった」


「ものすごい右肩あがりのチャートになってるね」


「うん。子供が成長するように業績が年々拡大していっているんだから、リーマンショックぐらいの不況では株価は振り出しに戻ったりなんてしない。それよりも遅く買えば遅く買うほど機会損失が大きくなる」


「……」


「いいものは一日でも早く手に入れないといけないし、いいことは一日でも早く始めなきゃならない」


「いつやってくるかわからない不況を待ってるのでは遅いんだね」


@(・●・)@「ボクはそう思ってるけどね」