26年前に書かれた本ですが、アメリカで過去五十年間にもっとも投資収益の高かったのはアンティークコインだと書かれています。


また、1983年から1987年までの五年間をそれぞれ遡って十年間の主要投資商品における値上がり率を見ると、アンティークコインがトップで、切手も大体二位三位に顔を出しています。


データの信憑性に疑問は残りますが、最近のアンティークコインブームのはるか前に書かれた本ということで、参考にはなります。


私が買おうと思っている中国エリアだと、アンティークコインよりは、切手の方がメジャーなように感じるので、こちらを主に収集しようと思っています。


というわけで、今後アンティーク投資は、保管スペースの問題がなく、流動性と換金性に優れた切手とコインに対象を絞っていきます。