ロシア株ですが、SBI証券で30銘柄ほど買えるようです。


勝手の分からない外国株は大型株しか買わないから、これぐらいで十分と言えます。


マネックス証券だと中国株が特定口座で買えるので、NISA口座はこちらにしたほうが良かったかと少し前には思いましたが、一般口座扱いになっても外国株の取り扱いのバラエティの多さはSBI証券の方がはるかに多いので、結局NISAはSBI証券で良かったと思います。


中国株も一般口座にはなりますが、NISA扱いで買えます。


(マネックス証券は米国株の取り扱い手数料が非常に安いようですが、自分の場合、米国株を買うことはなさそうです)


外国株は資産として所有し、ほとんど売ることはないと思いますので、多少確定申告が面倒くさくなってもよしとします。


そうこう書いている間にもルーブルの暴落が大変な状況になっています。


ロシアだけリーマンショックみたいな状況になってますが、その前に買ってしまって涙目なロシア株ポートフォリオについては次回。