ファーストリテイリングは後継者問題でつまづくのではないかと思っていた時期がありました。


下手をすると、ダイエーのように失墜してしまうのではないかと。

成功は一日で捨て去れ
柳井 正
新潮社
2009-10-15



柳井さんの著作を読むと書いてありますが、外部から招いた後継者候補たちが次々と退職しているからです。


しかしそれもどうも杞憂のような予感がしています。


柳井さんの異常な成長欲求についていける後継者などそうそういるはずもありません。


後継者候補の一人として元ファーストリテイリング社長をしていた玉塚さんは今ローソンの社長をやっています。


つまりローソンの社長が務まるくらいくらい優秀な人物であったことは間違いないのです。


ただ世界の頂点を目指すファーストリテイリングの経営者としてはその安定成長路線は許容できないということだったのだと思います。


では柳井さんが引退したあとのファーストリテイリングはどうなるのか?


やはり失速してしまうのでしょうか?