今回の中国出張は週末が休みと散策の機会には恵まれていたのですが、前半は風邪でダウンしていて、また後半は仕事が忙しくなって休日出勤などをしていたので、結局市外には広州市に二度行けただけでした。


風邪を引いていた一度目の広州市訪問では大型書店に行って本を買っただけですぐに戻ってきたので、実質的には広州市を散策できたのは、一日だけでした。

gz1










しかし、まあそれでもそれなりに収穫はありました。


地図を見て、この辺が中心部かなと当たりをつけていきました。実際に中心部だったかどうかは分かりませんが、ここにもユニクロなどもあって、結構にぎやかな感じでした。
gz2










gz3










少し外れた通りで、中国古典関係の書籍を売っている専門書店を見つけました。自分の場合は、中国に来るとこんなところばかり探しています。

gz4











中国でも田舎都市にいくと、こういう古典関係の文化的な香りがする書店はまずないのですが、さすが広州市は人口一千万都市だけあって、自分の関心とダイレクトに合う書店が見つかりました。


ただ中に入って書籍の値段を見るとどれも高い。近年アマゾンチャイナで買った本などは朧げながら値段を覚えていたので、店内の価格と見比べて見ましたが、総じてネットで買った値段のほうが安かったです。


つまり、「あんな本が出版されていたのか」と店内を見学するだけで、買い物はせずに帰りました。


このあとたまたま見つけたアンティークコインや記念切手の専門ショップが集まっていたビルでも似たような経験をしました。